出版の仕事をしたいと考えているのならすればいい【ドーンと行こう】

印刷

派遣で経験を積む

印刷

印刷や編集や事務など、出版にまつわる仕事をしたいのであればまずは専門の求人サイトを確認してみるといいでしょう。もし経験を積むためにいち早く仕事をしたい場合は、派遣登録をするという方法もあります。

Read More >>

業界で働いていく

印刷

出版の業界で働いていくには、今後この業界を支えていく一員であるという認識をもち、目標を掲げながら働いていくのが大切です。そして職探しに置いて疑問があれば解決してから面接に挑みましょう。

Read More >>

本達のために働く

色見本

様々な業界が存在していますが、その中でも人によっては気になってしまう業界があります。それは出版です。本やマンガが好きな方であると、誰もが一度は出版の正解に興味を持つはずです。出版の世界は一言では表せないほどに、あらゆる分野の仕事が出版業界に集結しています。印刷や営業そして編集など、ひとつの本を作ってそれを販売するまでに、あらゆる分野の方々が仕事をしているという事が分かります。職種によっては大卒の方でないと就職が難しい所もありますが、印刷や営業などであれば高校卒業もしくは専門学校卒業でも一生懸命働く事が可能です。出版業界で働きたいと考えたのであれば、専門の求人サイトやハローワークで仕事を見つけてみるべきです。大卒でなければならない、正社員でなければならないなど、凝り固まった考えを持っているのであれば一度捨ててみましょう。契約社員でもアルバイトでも、出版業界に乗り込む事は可能です。ざっくり言うと書店勤務であっても出版業界人であると言えます。書店はあくまでも本を売る所であるので、出版ではなく販売であると考えると思います。しかし完成した本を仕入れて売るのは書店です。出版された本を逐一販売出来るのは書店になります。したがって書店であっても出版業界には欠かせない存在であり、従業員はかかせない人材です。どうあれ誰でも本が好きであったり、本に魅力を持っているのであれば、出版業界に踏み込んで、世の中に本をたくさん送れるように全力で働く事が出来ます。

現在はデジタル全盛期でありますので、本もどんどんデジタル化しています。パソコンやスマートフォンそしてタブレット端末などで、簡単に本を購入して読んで楽しむ事が出来るのです。したがってデジタルに人々が流れていっているのは否めません。これではアナログである出版業界が危ないのではと思うかもしれませんが、否定は出来ませんがそこまで悪く考える事はないです。何故なら大手出版社であればどの出版社もデジタルコンテンツに着手しています。その上まだまだアナログな手法でコミックスや本は販売を迎えているのです。出版業界はまだまだこれからであるのです。今後出版業界がどう動いていくかどうかによって、業界は変わってきます。そのためにも働きたいと考えている人たちは、すぐさま求人を確認して業界に突入するべきです。即戦力はどの業界であっても欲しい人材です。やる気を即戦力に生かすべきです。

例えばの仕事

カラー見本

出版業界にはあらゆる仕事があります。その中でも比較的求人数が多いのはDTPオペレーターや営業職になります。本に何も関係ないだろうと考える方もいますが、決してそんな事はありません。

Read More >>